背中の痛みの症状から、原因を推測することができます



背中の痛みの症状から、原因を推測することができます。

背中ロゴ

sponsored link



背中の痛みの症状から、原因を推測する

詳しい原因は実際に病院に行って検査をしてみないと分かりませんが、背中の痛みの症状からある程度原因を推測することは可能です。


背中を押すと痛みがある

背中を押すと痛みがある場合は、コリ(筋肉痛)や炎症などが考えられます。

コリの場合は、血行不良や過度の緊張・ストレス、睡眠不足などが原因で起こる「筋筋膜痛症候群」が最も考えられ、この場合にはマッサージや湿布、鍼灸治療やカイロプラクティックなどにより改善する可能性があります。

しかし、まれな疾患ではありますが、化膿性脊椎炎、化膿性椎間板炎等の炎症の場合にはマッサージなどで改善することはありませんので、医師の診察を受け、抗生物質(抗生剤)の投与などしかるべき処置を受ける必要があります。


動くと背中に激痛が走ることがある

じっとしていても痛みは無いが、動くと背中に激痛が走ることがあるという場合は、椎間板ヘルニアや良性・悪性腫瘍などが疑われます。

これらは病院でMRI検査を行うことで発見することができます。


何もしていない時に、突然背中に激痛が走ることがある

何もしていない時に、突然背中に激痛が走ることがある場合には、特に狭心症・心筋梗塞が疑われます。これらは病院で心電図検査をすることで診断が可能です。

また「関連痛」といって、背中とは全く違う場所の痛みを脳が背中の痛みと勘違いしてしまうこともあり、例えば虫歯が原因で背中に痛みを感じるような場合もあります。

虫歯についてはこちらのサイトが非常に参考になります。
虫歯【治療法・予防法・子供(乳歯)のむし歯・画像(写真)】


詳しい原因を知るために、病院へ行きましょう

特定の疾患によって起こる背中の痛みには特徴的なものがあるので、ある程度原因を予測することが可能ですが、症状の出方には大きな個人差がありますので、症状だけで確定診断をすることは不可能です。

ですので、背中の痛みが長引くようであれば詳しい原因を知るために、一度病院へ行きましょう。

問診や触診、必要に応じてレントゲンやMRI、心電図などの検査を行うことによって、背中の痛みの原因をはっきりとさせることができますし、何よりも一度お医者さんに診てもらっておけば安心できます。

sponsored link



Copyright (C) 2008 背中の痛みの原因は? All Rights Reserved.