PMS(月経前症候群)による背中の痛み



PMS(月経前症候群)による背中の痛みについてです。

背中ロゴ

sponsored link



PMS(月経前症候群)による背中の痛みについて

PMS(月経前症候群)とは、月経(生理)前になると背中やお腹が痛くなったり、乳房が張ったり、食欲が増したり、イライラしたりなど様々な症状が現れる女性特有の異常です。

月経前になると卵巣から卵巣ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)が産生され、そのことによってセロトニン(神経伝達物質のひとつ)が活性化されることが、PMS(月経前症候群)の原因だと言われています。

生理前になると決まって背中が痛くなるという人は、このPMSが原因なのかもしれません。

PMSが疑われる場合は有酸素運動やしっかりと食事・睡眠をとること、また、重症の場合は病院へ行って検査を受け、必要に応じて漢方や抗精神薬などを処方してもらうことが大切です。

PMSについてはこちらのサイトを参考にどうぞ。

⇒参考:PMS(月経前症候群)ナビ

sponsored link



Copyright (C) 2008 背中の痛みの原因は? All Rights Reserved.