内臓の病気が原因で背中に痛みを感じることもあります。



背中の痛みと内臓の病気の関係について解説します。

背中ロゴ

sponsored link



内臓の病気が原因で、背中に痛みを感じることもあります

背中そのものには異常が無くても、内臓の病気が原因で背中に痛みを感じることがあります。
特に背中の痛みと関連性が高いのは、肝臓・腎臓・膵臓・胆嚢・胃、そして心臓です。


肝臓

急性肝炎や肝臓ガンの場合には、特に背中の右側に痛みを感じることがあります。
急性肝炎の場合は治癒した後も長期間、右背部痛が残るケースも報告されています。


腎臓

腎臓は腰の上辺りに位置していますので、腎臓結石などの腎疾患により背中が痛くなる場合があります。


膵臓

膵臓疾患によっても背中が痛くなることがあります。

背中〜腰にかけて痛みを感じるので形成外科に行ったら、実はすい臓がんだったというような話もよくあるそうです。


胆嚢

胆嚢炎や胆石症、胆嚢ガンなどによっても、背中に痛みがでることがあります。

このようにたかが背中の痛みと言えども、実は重大な内臓の病気のシグナルとなっている場合もありますので、おかしいな?と感じたら早めに病院を受診して、医師の診察を受けるように心がけましょう。


胃潰瘍や胃ガン、十二指腸潰瘍などによっても、背中に痛みがでることがあります。


心臓

狭心症や心筋梗塞で背中に痛みを感じるというのは有名な話です。
時々急に背中に激痛を感じるような症状がある場合は、特に注意が必要です。

sponsored link



Copyright (C) 2008 背中の痛みの原因は? All Rights Reserved.