狭心症による背中の痛み



狭心症による背中の痛みについてです。

背中ロゴ

sponsored link



狭心症による背中の痛みについて

心臓の血管が詰まることが原因となり引き起こされる狭心症は、一般的に胸の痛みとして現れる場合が多いですが、時に背中の痛みとして現れる場合もあります。

狭心症の痛みは通常15分以内で治まりますが、何度も狭心症を繰り返しながら心臓の細胞が死滅していくと最終的には心筋梗塞となって命に関わる場合もありますので、背中が痛いという症状が何度も繰り返す場合は一度病院へ行って検査を受けることをお勧めします。

狭心症かどうかの診断は心電図検査によって行われ、万が一狭心症だと診断された場合には、ニトログリセリンやアスピリン、カルシウム拮抗薬などの薬物療法や、高血圧や喫煙などの危険因子のコントロールなどが必要となる場合があります。

sponsored link



Copyright (C) 2008 背中の痛みの原因は? All Rights Reserved.