胃潰瘍による背中の痛み



胃潰瘍による背中の痛みについてです。

背中ロゴ

sponsored link



胃潰瘍による背中の痛みについて

胃潰瘍の特徴的な痛み方は上腹部(おなかの上のほう)の痛みですが、背中の痛みとして現れる場合もあります。

胃潰瘍の症状には背中の痛みや上腹部の痛みのほかに、血便や吐血、体重減少、食欲減退、胃のもたれ・むかつきなどがあります。

胃潰瘍の原因にはストレス、暴飲・暴食、喫煙、香辛料の摂りすぎなど様々なものがありますが、特に最近ではピロリ菌と胃潰瘍の関連性が注目されています。

ピロリ菌を除菌すると1〜2年後の再発の確率が大きく減少することが分かったため、検査によってピロリ菌に感染していることが判明していた場合は、抗生剤によるピロリ菌の除菌が行われることが多くなりました。

また、胃潰瘍は自分の胃酸によって胃が解かされてしまう病気なので、胃酸の分泌を抑えるためにH2ブロッカーが処方されることが一般的です。

いずれにしても、胃潰瘍の原因にはストレスが大きく関与していると考えられているため、まずは十分な栄養と睡眠をとり、できるだけストレスのない生活を送るように心がけるということが、一番大切なことになります。

sponsored link



Copyright (C) 2008 背中の痛みの原因は? All Rights Reserved.