背中の痛みの原因や症状、内臓の病気との関係などについて



背中の痛みの原因や症状、内臓の病気との関係などについて詳しく説明しています。

背中ロゴ

「あなたは背中に痛みを感じたことがありますか?」

「あなたは背中に痛みを感じたことがありますか?」
こう質問されると、おそらく大多数の人は「はい」と答えることでしょう。
それくらい、背中の痛みは私達にとって身近なものだと思います。

しかし、背中の痛みには様々な原因があり、
時には重大な病気のシグナルを発している場合もあります。


当サイトでは背中の痛みの原因や症状、全身・内臓との病気の関係などについて、詳しく説明させて頂いています。

このサイトに辿りついた人は、おそらくご自身の背中に違和感を感じて悩んでいたり、ご家族やお知り合いの方が悩んでいたりすることもあるかと思います。

当サイトがそういった方々の不安軽減、情報収集の一助となれば幸いです。


原因

背中の痛みの原因には単なる筋肉の疲労だけではなく、肝臓・膵臓等の内臓の病気や椎間板ヘルニアなど様々な原因が考えられ、それぞれ症状や対応法が異なります。

詳しい原因は実際に病院へ行って検査をしてみないとわかりませんが、どのような病気の可能性があるのかをあらかじめ、ある程度知っておくことは有意義ではないかと思います。


内臓の病気

肝臓や膵臓等の内臓の病気が背中の痛みを引き起こす場合もあります。
また、右・左どちら側が痛いのかによって、それぞれ予想される病気が変わってきます。

内臓は外から見ることができませんが、言うまでもなく非常に大切な臓器です。
その大切な臓器からの危険信号【シグナル】を見逃さないようにしましょう!


全身の病気

椎間板ヘルニアや悪性腫瘍・癌、狭心症など、様々な全身の病気・異常によって背中に痛みを感じる場合もあります。

このような病気のほとんどは早期発見・早期治療を行うことで良い治療結果が得られやすくなりますので、「おかしいな?」と思ったらできるだけ早く検査を受けることが、健康を保つための最大の秘訣です。


検査と治療

背中の痛みを感じた場合に受診するべき科と、検査・治療にかかる費用などについてです。
検査費用はほとんどの場合保険が効きますので、本人負担は3割で済むことが多いです。


Copyright (C) 2008 背中の痛みの原因は? All Rights Reserved.